2016年09月29日

2016年8月の鑑賞メーター

観たビデオの数:9本
観た鑑賞時間:938分

アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
冴えないおっさんが活躍し、娘はお父さん大好き。しかも綺麗な女性との恋も有りと中年男性萌えの作品となっています。昆虫好きにも良いのかな?小さくても強いというのは何だか日本的な気もします。ヒロインのエバンジェンリリーはホビットのタウリエルなんですね、雰囲気が違うのでわかりませんでした。トーマスw
鑑賞日:08月28日 監督:ペイトン・リード

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]
豪華な出演陣、おそらくジョージクルーニーと気心が知れてるのでしょう、を見せる事が第一の目的になってしまっている様に感じた。その分肝心のストーリーや背景描写が足りなくなってしまい、戦争の悲惨さや愚かさが充分に伝わって来ない。重い史実をポップに伝え、興味を持つきっかけにはなるだろうけど。結局文化財産と人の命どっちが大切だと言いたかったのだろう?そもそも比べるものではなく、結論は出せないと言うのが答えなのか?邦題が酷すぎる、誰が決めて誰がOKしたのかと問い詰めたい。
鑑賞日:08月28日 監督:ジョージ・クルーニー

アンフェア the end DVD スタンダード・エディションアンフェア the end DVD スタンダード・エディション
長年掛けてじっくりと広げた風呂敷。畳んだら随分とコンパクトになっちゃいましたね。人を中々信じないけど、信じたら最後まで信じる。その姿勢が良いんだというメッセージは余り伝わって来なかった。むしろ何故という気持ちが残った。シャワーシーンはボディダブル?そしてここにもAKBとエグザイルが...
鑑賞日:08月19日 監督:佐藤嗣麻子

チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]
邦題から子供達の失踪事件の話かと勝手に想像。それも政府か何かの施設で「44」が名前に付いてるのが関係してる?と妄想がどんどん暴走。邦題の森に消えた子供達はいらなかったのでは?原作未読だが映画はミステリーというよりは歴史物といった感じでしたね。もしくはヒューマンドラマ。ノオミラパスのアクションシーンはリスベットが被る。普通の女性役にしては強くて尚且つ打たれ強過ぎる気も。それにしてもワシーリー腹立つわ〜。でも組織に属していると、いや社会生活全般でかな?多かれ少なかれこういう事あるよね、とも思った。難しい。
鑑賞日:08月19日 監督:

寄生獣 完結編 DVD 通常版寄生獣 完結編 DVD 通常版
長い原作漫画を上手く映画2本にまとめたと思う。漫画原作というと余り良いイメージ無いけどこれは良かった。進撃の巨人を観たばかりだから余計そう感じたのかも。もう一度原作を読み返したくなりました。
鑑賞日:08月18日 監督:山崎 貴

寄生獣 DVD 通常版寄生獣 DVD 通常版
原作読んだのは随分前なので細部は憶えていないが、大筋の言いたい事は表現出来ている様に思える。映像も違和感は感じられなかった。原作既読だから新一や田宮良子の意識の変化がわかって観られたが、作中の描き方で原作未読者にもわかったのかな?東出は他の作品と演技が変わらなくて草。橋本愛は里美のイメージにぴったりでした。
鑑賞日:08月17日 監督:山崎 貴

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
メイズ推しの3部作で早くもメイズ終了と嫌な予感しかしない2作目。でも何故メイズだったかとか色々な謎は残ったので3作目でどう風呂敷を畳んでくれるのか楽しみでもある。
鑑賞日:08月15日 監督:ウェス・ボール

Who Am I - Kein System ist sicher: - Keine Info -Who Am I - Kein System ist sicher: - Keine Info -
あれっ?何か面白かった?のか?←こんな感じの感想でした。アイディア自体は過去にも有ったんだろうけど、観せ方が良かった。どんでん返し?はそれなりに驚いたし。ファイトクラブのポスターにまんまと引っかかりました。
鑑賞日:08月07日 監督:

ファンタスティック・フォー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]ファンタスティック・フォー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
こういう可もなく不可もなくといった作品が感想を書くのに一番困る。悪ければ印象にも残るし、ここをこうして欲しかったとか要望も出るだろうけど。既視感の有るシーンと何よりリブートという事で暫くしたら観た事すら忘れてしまいそうな作品でした。
鑑賞日:08月06日 監督:ジョシュ・トランク

鑑賞メーター
posted by 電算担当者 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。