2004年12月06日

ザ・コア

アーロン・エッカートスタンリー・トゥッチチェッキー・
カリョ
デルロイ・リンドーと渋めの出演陣の中に何故か
ヒラリー・スワンクが混ざって出演している、人類滅亡の
危機を扱ったSF作品です。

この手の作品の定石の、大きな驚異の前で人類は無力
である、国家(軍人)は全体を生かす為なら多少の犠牲は
厭わない、少数精鋭の自己犠牲の上に成り立つ努力、は
きっちり押さえられています。特に3つ目に挙げた項目に
ついてはこれでもかという位に盛り込まれており、それ
がこの作品の最大の見せ場にもなっています。

脚本を書いた人が、話しの理論に自信が無いのかセリフが
やたらと説明的なのが少し気になりましたが、他の作品に
比べて設定的に有り得ないとは思いませんでした。

パニック作品というよりは、パニックを題材とした密室劇と
いう感じがしました。

観た日 2004/11/30 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
ザ・コア The Core
posted by 電算担当者 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック