2004年12月13日

アバウト・シュミット

ジャック・ニコルソン出演の或る会社人間の定年後
の人生を描いた作品。コメディタッチで描かれては
いますが、内容はかなりシニカルでどちらかという
と重い部類の作品になると思います。

定年後の会社人間に限らず、自分の認識と周りの人
の自分への認識のズレによる失敗というのは、誰に
でも有ると思います。そのような誰もが思い当たる
であろう事を描いている為、観ていると心に何かが
重くのしかかるような気持ちになります。

ジャック・ニコルソンは変わった人間を演ずるという
イメージが有りますが、今回は普通過ぎる人間を演じ
ています。一見するとただのオッサンのような人間を
人間誰もが内側に持っている狂気を具間見せつつ
見事に演じています。

私はジャック・ニコルソン演ずるシュミットに定年後
の自分や、親としての自分を重ねて観ていましたが
観る方の年齢に寄ってはまったく違った見方が出来
る作品かもしれません。

ラストシーンが希望を表しているのではなく、最後迄
皮肉たっぷりだったという見方は少しひねくれて
いるでしょうか。

観た日 2004/12/11 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
アバウト・シュミット About Schmidt
posted by 電算担当者 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画鑑賞感想文『アバウト・シュミット』
Excerpt: さるおです。 『ABOUT SCHMIDT』を観たよ。 監督は『ハイスクール白書』のアレクサンダー・ペイン。 主演はジャク・ニコルソン、キャシー・ベイツ。 一流企業の計理士で66歳のウォーレン・シュ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2005-02-12 05:32