2004年12月17日

ブラッド・ワーク

クリント・イーストウッド監督、出演のクライムサスペンス
作品。この手の作品としては極めてオーソドックスな
作りで、謎解き、アクション、ロマンスに社会問題迄
が少しづつ盛り込まれています。

残念なのは、全ての要素の配合が同程度の為、盛りあ
がりに欠けた点です。私が一番驚いたのはロマンスの
部分でした。

いろいろな映画評を読んでみると犯人がすぐわかった
という方が多かったですが、私には直前までまったく
わかりませんでした。というよりも犯人探しをする視点
でこの作品を観ていなかったのかもしれません。

この作品はクリント・イーストウッド演じるマッケーレブ
そのものを描いた作品であり、いろいろな要素は彼を
説明する為の添え物にしかすぎないように感じました。
犯人探しもそれが主題として描かれていない為、観て
いる側もそこに入り込めません。

主役が主役の作品、監督兼出演の作品はこういう傾向
が強くなるのでしょうか。

観た日 2004/12/15 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
ブラッド・ワーク Blood Work
posted by 電算担当者 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック