2004年07月01日

トラックバックの作法

トラックバックに限らず、ブログ全般について作法というものは存在
するのでしょうか。トラックバックの作法などと大層なタイトルを付け
ておきながら、最初からおかしな問いかけをすると思われるかもし
れませんが私が作法について考えた時の最初の疑問がそれでした。

その疑問に対しての、私の答えは「確実に存在する」でした。但しそ
れは「個々人の中において」という言葉が最初に付いた場合に限りま
す。つまり作法についての考え方は各人で違っているもので、又それ
が当然ではないかという事なのです。最初の疑問に「統一の」という
言葉が入るのならば、答えは変わって来ると思います。

ブログを家と例えるならば、トラックバックやコメントは玄関にあた
るのではないでしょうか。つまりそれらを受け付けているという事は
玄関のドアを開け放って、どなたでも入ってきて下さいと言っている
のと同じ事ではないかと思うのです。何も書いていない玄関であれ
ば(入って来る人が皆良い人と仮定するならば)入って来る人は当然
それぞれが考える作法に則り入って来るでしょう。仮にその入り方が
自分の考える作法と違ったからといって、それは少し作法と違うので
はないか、マナー違反ではないかと、果たして言えるのでしょうか。

もし、あなたが訪れる人に自分の考える作法を守って欲しいと考える
のならば、誰にでも見える場所に自分の考える作法について掲示し
てそれを守って欲しいと「お願い」するという作業が最低限必要になる
のではないでしょうか。それでもその「お願い」を全ての人が守って
くれるとは限りません。皆がそれぞれの作法を持っていて、できれば
自分の作法に則って行動したいと考えるからです。それが嫌であれば
ドアを閉める(トラックバックやコメントを受けつけない)しか有りません。
自分の気に入った人とだけ交流したいという目的には不特定多数の
人が通る往来に向かってドアを開け放つか閉じるしか選択肢のない
ブログというツールは向いていないのではないでしょうか。

つまりは自分の作法(裏を返せば、それは自分がしてもらって嬉しか
った事や、されて嫌だった事)に則ってさえいれば、トラックバックや
コメントは、どんどんしても良いのではないのでしょうか。それでも
しも、マナー違反といわれたとしても、それはあくまでもそのブログの
管理者の考える作法です。それを無視しろとはいうのでは決して有
りません、やっとそのブログの管理者が自分の考える作法を掲示して
くれたと考え、成る程と思えばそれを自分の新しい作法に加えるのも
良いでしょうし、受け入れられなければトラックバックやコメントを
控える等、どうするかは、それから考えても遅くはないと思います。
posted by 電算担当者 at 22:39| Comment(10) | TrackBack(3) | ブログ考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
たしかに人それぞれ基準は違いますが、blogも一般社会も大して変わりはないのでは・・・と思うのは、もしかしたら電算担当者さんと近いところに思いがあるのかもしれません。

blogを始めた頃に「トラバの作法」みたいなのをどこかで読んでなんだか怖くなってしまった記憶があります。KOuさんのところのような「お知らせしたいのでトラバお願いします」という表示は正直ホッとさせられますね。それにしてもトラバが、つけた相手にだけ表示されるのはやはり記事を参照した相手に対する敬意なのでしょうね。

そのことを踏まえた上でのトラバであれば、トラバを巡るトラブルって少なくなると思いますが・・・。

楽観的に考え過ぎかな〜〜?

Posted by Candy at 2004年07月02日 16:52
Candyさん、コメントありがとうこざいます。

ブログでも一般社会でも、厄介なのはおたがいに正義
だと考えている事の相違での衝突ではないでしょうか。
それが建設的な方向に向かえば良いのですが、ブログ
等のネット上の衝突は泥沼化しがちですよね。

そこで1歩下がって自分の考える正義とはなんだろうと
お互いにもう一度考える余裕が有れば良いのかなと。

そうすればCandyさんのおっしゃるようにトラブルは
減るのでは無いかと思います。そういうふうに考える
のはけっして楽観的ではないと思いますよ。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月02日 18:33
>Candyさん
初めまして
私、ウェブログというものが何なのか、
じつはいまだによくわかっていないのかもしれません。
Candyさんのおっしゃるような、
「怖い」と思わせるトラックバックの作法とは
いかなるものか、非常に興味を持ちました。
これから調べてみたいと思います。

>電算担当者さん
個人がウェブサイトを持つようになったころの
「相互リンクをするか否か」のようなニオイを、
読んでいて感じたのは「オヤヂ」なせいでしょうか(へへ)。
で、コメントしてみたくなったのは、
ウェブログを家にたとえている点です。
家であり玄関か!! と、手を打ってしまったところです。
コメントもトラックバックも少ないのが現状。
しかし、だからこそ『表札』を作らないとイカンかな、
とぼーんやりと考えるのでした。
で、この記事にトラックバック。
Posted by ogoh at 2004年07月02日 20:34
ogohさん>
表札があれば訪れる方が迷わずにすみますね。
なにも無いから全てを受け入れていると判るだろう
という考えも良くないのかもしれません。全てを
受け入れますという表札が必要なのかもしれません。

これからは「オヤヂ」の時代ですね。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月02日 21:35
こんにちは。
blogを始めたばかりでいろいろと作法を検索していたところでしたのですごく参考になりました。
blogをやってみて思ったのが、意外と共通のルールがない世界だなということです。
何がよくて、何がいけないのか、明確な答えがないので難しいところです。
私はTBは引用したことを相手に知らせるということが一番の目的であると解釈していました。
それぞれの解釈があるのであれば、表札となるものを設置するという考え方はすごく合理的だと思います。
そして自分のblogにプロフィールを置いていないことに今気づきました…。
Posted by aki at 2004年07月03日 01:30
akiさん、こんにちは。
共通のルールも必要なのかもしれませんが、その前に
いろんな考えの人がいて、それをなるべく尊重しよう
という共通の認識が必要なのかもしれません。そう考
えると何が必要なのかが見えてくるかもしれませんね。
とは言ってもそれが難しいのですよね。実はakiさんの
おっしゃっているプロフィール、私の所も最近置いた
ばかりです。いざ書くとこれも難しくこれから少しづつ
修正していこうと思っています。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月03日 09:54
昨日から こちらにコメントしようか どうしようか 悩んでおりました。
私は、ブログを始めたばかりです。 
初めてTBをして頂いた時も『暗黙のルールとかあるのだろうか?TB返しとかするの?』って 随分悩みました。
また コメントを入れる時も相手に 不快感を与えないか心配で コメントを入れられない事もありました。(こちらでは、お馬鹿な事ばかり コメントしてすみません。(^-^;))
各々が、違った価値観を持っているのなら 表札を出す事は 必要なんでしょうね。
私も『来るものは、拒まず』ですが それも 自分だけのルールですもんね。

私もプロフ位 付けようかなぁ。
Posted by サファイア at 2004年07月03日 12:02
サファイアさん、いらっしゃいませ。
それほど難しく考えなくても良いのかもしれませんよ。
なんだか書いた事と矛盾してしまうかもしれませんが
ブログだからと構えるのではなく、普通の生活と同じ
に考えたら良いのではないでしょうか。価値観も人
それぞれですし、中にはやっぱり合わない人もいます。
無理して合わない人と付き合う必要も無いですよね。
万人に受け入れられるのは無理だと考えると少しは
気が楽になるかもしれません。自分が思いつく範囲で
他人に不快感を与えていなければそれで良いと思いますよ。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月03日 19:13
こんばんは。コメントありがとうございました。
あれからいろいろ考えていました。電算担当者さんの「合わない人とは無理してつきあう必要もないですし・・」の一文でずいぶん救われた気がしました。

私のところにも一応、こっそりとプロフをつけてはいるのですが、それは私のページを見ていただくためのなんらかのガイドのようなものになったらいいなと思ったからでした。
「このblogについて」のような思想的な(?)面も提示した方がいいのかなぁと思ったりもしました。
Posted by Candy at 2004年07月05日 20:46
Candyさん>
私は他の方のブログにお邪魔して初めてコメントする
ときには、そこの管理者の方のお名前を書きたいなと
思っています。ですからコメントをする時は先ず
プロフィールを探します。私の所もお陰様で皆様に
コメントを頂ける機会が多くなってきました。自分の
ブログにもプロフィールが必要かなと思ったのはその為
です。それで最近やっとプロフィールを書いてみました。
ですから自分が他の方のところにお邪魔した時に必要だと
思った。逆に無くて困ったというものを自分の所にも
設置して行くというスタンスで良いのではないでしょうか。
それも一度設置したら固定だと考えずに、考えが変われば
加筆、修正も有りだし、必要無ければ削除しても良いので
は無いでしょうか。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月05日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今のうちに口に出すトラックバックの作法
Excerpt: 【日々是ブログ】のトラックバックの作法からドキッとした一節を引用。 ブログを家と例えるならば、トラックバックやコメントは玄関にあた るのではないでしょうか。 これはスゴイなぁ、と思った。 同時に、個人..
Weblog: penfacotry.net
Tracked: 2004-07-02 20:56

ブログオーナーのコメントに関するルール
Excerpt:  まずは何故私がこのような記事を書こうとしたかの経緯を説明したいと思います。  私の書いたある記事のコメントでq氏は記事の反論ではなく私の人格の否定やコメントの書き方についてq氏の考え方の主張、..
Weblog: パーフェクト・ワールド
Tracked: 2004-08-07 15:52

ブログのお作法について久しぶりに考えた
Excerpt: ちょっと思うところがあって、ブログのお作法について今一度考えてみました。 情報元:日々是ブログさん トラックバックの作法(2004/7/1) http://densan.seesaa.net/arti..
Weblog: 一粒の砂
Tracked: 2006-08-16 10:09