2004年07月03日

石けん

何を隠そう、前を隠そう(オヤヂ一本〜)実は私、石けん派なのです。
所謂、純石けんというのを愛用しています。顔も体も髪の毛だって全て
石けんで洗っています。環境にやさしいだとかの特別な主義主張が有る
訳では有りません。もちろん経済的な理由でも有りません。確かに安上
がりでは有りますが。家人は普通(?)にボディーソープやらシャンプー
にリンスを使っています。しいて言うならば、そういった製品の強い香り
が苦手では有るかもしれません。それに、なんとなく石けんて体に良さ
そうな感じがしませんか?髪にも良さそうだし。もう何年もそんな風に
石けんを使っていますが、今の所特に問題は有りません。

最近は皆さんあまり石けんを使わないので、おわかりにならないかもし
れませんが、石けんに付いた髪の毛ってなかなか取れないんですよね。
そういう時は髪の毛の付いた部分の石けんでおしりをこすると、不思議
と髪の毛が取れる事をご存知でしょうか。題名は忘れたのですが以前に
読んだ、絵本作家の長新太さんのエッセイで知りました。本当に取れま
すので、機会が有りましたら皆さんも試してみて下さい。


posted by 電算担当者 at 23:11| Comment(10) | TrackBack(1) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつもいろいろ参考にさせていただいています。こちらのブログを参考にミニ掲示板をつけてみようとしたのですが、はてなダイアリーではJavaScriptは使用不可で実現しませんでした。でもいろいろ勉強になりました。

ところで石鹸は体にいいですよね。ウチはずっと石鹸シャンプーを使っています。男性に友人にも教えてあげると、抜け毛が少なくなったと喜ばれます。先日は男性の美容師さんに教えてあげました。ダンナの髪の毛もふさふさですよ〜。
Posted by ぷるママ at 2004年07月03日 23:53
えー、あのオシャレちっくな髪が石鹸で洗われてたとはっ!
ムースとかいっぱいつけて立たせてると思ってたんだけど、案外自然派なのね。
剛毛?(笑)
Posted by まーふあ at 2004年07月04日 00:14
娘が、小さい時は ベビー石けんを使っておりましたが 最近は、ボデェーシャンプーに変わってしまいました。
今の人は、銭湯に行くのにも『小さな石けんカタカタ鳴らす事』は 無いのでしょうね。
スーパー銭湯ならボデェーシャンプー装備だし・・。

銘柄は、牛乳石けん良い石けん♪でしょうか?
シャボン玉石鹸でしょうか?
間違っても資生堂ホネケーキ(母親世代が、使っていた 赤い洗顔石けん)は、使ってませんよね。
Posted by サファイア at 2004年07月04日 07:52
ぷるママさん>
私も今少し調べてみましたが、残念ながら
はてなダイアリーにはミニ掲示板やこうさぎは設置
できないという記事しか見つかりませんでした。
石けんで髪ふさふさ、ん〜とっても良い響きです。
そちらのほうにも効果が出ると良いな。髪ふさふさ〜

まーふあさん>
けっして自然派という訳では有りません。髪の毛も
少しでも多く見せようとヘアワックスは付けています。
ひょっとして剛毛に見えたのであれば成功ですか?

サファイアさん>
ボデェーシャンプーはオヤヂ技ありですね。
もう一つで一本でした、おしいっ!!
牛乳石けんやシャボン玉石けんでも純石けんを
出しているのでそれを使ったりもしますが、今は
まとめ買いをしたオリブの石けんを使っています。
あの赤い石けんは資生堂ホネケーキというんですか
しりませんでした。昔は有ったような記憶があります。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月04日 09:50
話しが少しずれるが、「場所」によって「洗濯石けん」の独自な使い方もあります。
食器洗いに使います。
アルミ茶碗に番茶を入れ洗濯石けんを入れます。
そして、もう一つのアルミ茶碗で蓋をします。
堅く合わせて1分ぐらいシェイクします。
「食器洗い洗剤」の完成です。
脂モノもよく落ちます。

ちなみに私も電算さんと同じで、石けんで髪を洗います。
もっとも毛が無いのでタオルは要りません。
簡単です(^_^)
Posted by 南無 at 2004年07月04日 11:16
南無さん、こんにちは。
暖かい番茶と固まりのままの石けんという事ですよね。
考えてみると石けんは元々油なので、食器に使用して
もなんら問題は有りませんよね。なるほど万能ですね。
台所は私の管轄では無いのですぐには試せませんが
機会が有ったら試してみます。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月04日 13:40
残念ながらアナタにはそのような”機会”は無いでしょう。
拘置所の房中ですから。
食器も凶器にならないアルミというわけです。
大いにずれて、スマン!
Posted by 南無 at 2004年07月04日 14:48
そういう事でしたか、ずれていたのは私ですね。
何故にアルミなのかなと少し疑問でしたが納得です。
いらぬ種明かしをさせてしまってスミマセンでした。
でも分野が違うとこんなにも、話しが食い違うもの
なのですね、勉強になります。
これだから、ブログは面白いですね。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月04日 16:10
そういえば、タモリは石鹸すら使わないらしいです。
それなのにお肌はつるつるだそうで。

抗菌モノを使うことでカラダに耐性がなくなるように
ボデーシャンプーなぞというオサレ製品を使うと
肌を甘やかすことになるのかもしれません。
その意味でやはり男気溢れる石鹸というチョイスは
正しいのでしょう。

そんな私はたまにヘチマで体を擦ります。
肌強度には自信があります。
Posted by おろちょん at 2004年07月04日 17:10
おろちょんさん、どうもです。

タモリに言わせると石けんすらオサレ製品だと
いう事ですね。人間の体って凄いですね。

昔タワシで体をこする健康法というのが有って
私も一度試して見たのですが、一度で挫折した
経験があります。肌強度的には軟弱な私です。
Posted by 電算担当者 at 2004年07月04日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

粉石けんでお洗濯
Excerpt: 大掃除第一弾で色々コメント頂いて、ちょっと書き足りなかったかなと思ったりもしたので追記です。 うちでは数年前から粉石けんでの洗濯に切り替えました。 油汚れにピカイチなとろとろ石けんには、「純石けん」の..
Weblog: ・・もぐろぐぱんだ・・
Tracked: 2004-12-17 12:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。