2004年08月06日

モラルとモラール

タイトルの言葉、それぞれ意味が違うって知っていましたか。私は
つい最近まで同じ言葉だと思っていました。モラールはモラルを
格好良く発音したものであると思っていました。ところが実際は違う
言葉でモラル【moral】が道徳、倫理を意味し、モラール【morale】が
士気、やる気を意味します。どちらも似たような使い方をされるの
で文中ではどちらの意味でも通る場合が多く気付きませんでした。

幸いにも、この言葉で恥をかく前に(自分が気付いてないだけかもし
れませんが)知ったので良かったのですが、まだまだ勘違いをしてい
たり、間違って憶えている言葉が有るのでしょうね。少しでも疑問に
思ったら、そのままにしないで調べてみる事が大事だと思いました。

時には、人に聞かなければわからない事も有るでしょう。その場合は
どんどん質問する。聞く事によって嫌がられても、知らない事で自分
が不利益を蒙る場合は聞かなければならないのではないでしょうか。
あくまでも他に手段が無く聞かなければわからない場合ですが。


posted by 電算担当者 at 14:15| Comment(11) | TrackBack(1) | 言葉について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、私も知らなかった・・・。
なんせ、寒風会だと思い込んでいた男ですから・・・。
Posted by すしバー at 2004年08月06日 15:11
すしバーさん
おお、同士よ。実はモラールなる言葉を
初めて聞いたのも何年か前です。
>寒風会だと思い込んでいた
時期的には寒風の方がぴったりきますよね。
Posted by 電算担当者 at 2004年08月06日 15:35
ちなみに観楓会(かんぷうかい)は
楓を観る会と書いて、北海道では秋に主
に泊まりで行く社員旅行の事を言います。

観楓会シーズンという言葉もあり、この時期は
ホテルでも観楓会プランが有ったりします。

MS-IMEでも倶知安【くっちゃん】はきちんと変換
されても「かんぷうかい」は変換されません。
Posted by 電算担当者 at 2004年08月06日 16:08
ワタシも『責任転嫁』を言葉に表すときに
『せきにんてんかん』とつい言ってしまって
時々弟に指摘されます。
言葉って一生かかっても知らない言葉がたくさんあって
日々是勉強です。(綺麗にまとまった♪)
Posted by 琉知香 at 2004年08月06日 21:49
琉知香さん
てんかん【転換】って言いたくなります。
転嫁なんて普段使わない言葉ですから。
勉強はいくらしても、し過ぎにはなりませんね。
(綺麗にまとまった♪)
Posted by 電算担当者 at 2004年08月06日 22:35
『責任転換』?
どこが間違ってるんですか?(笑)

って、ボケすぎましたけど、意味は非常によくわかるのでOKではないでしょうか?

(まとまんねぇ)
Posted by すしバー at 2004年08月07日 09:13
ヽ( ´Д`)ノ ウワーン
せっかくきれいに纏まっていたのに〜
Posted by 電算担当者 at 2004年08月07日 11:33
モラルの低いところでモラールは高まらない!
という奴ですね。
昔担当教官に教わりました。
残念な事に今の職場でも知らない人の方が多いです。(^_^;)
Posted by KITORA at 2004年08月10日 11:42
KITORAさん
モラールが高まっても、モラルは低いままという事も。
ものすごく、紛らわしい。わざとでしょうか。
知らない人、意外と多いんですね。
Posted by 電算担当者 at 2004年08月10日 13:14
はじめまして、サファイアさんところから飛んできました。

そうそう、知らないことはすぐ調べる・・・ということは大切ですよね。「家の中で恥をかけ、外で恥をかかぬために」ですね。はい。

でもねぇ、「モラル」とか「モラール」なんていうことば、使う必要はないのですよ。

「公徳心」「やる気」という日本語があるではあ〜りませんか。

ほとんどの場合、モラルは公徳心というニュアンスとおなじですし、モラールはやる気といってなんら差し支えないのですからね。

コミュニケーションやマネージメントのように、日本語には適切にそのニュアンスを伝えるものがない場合以外は、カタカナ語をわざわざ使う必要がないと思います。

使ってももちろんかまわないけど、言葉の第一の機能は「通じること」ですから、「モラール」といって通じなければ使い意味がないし、「モラル」とおなじ意味だと思っている人は以前の電算担当者さん以外にもたくさんいらっしゃるでしょうから、やはり使う意味がありません。

よって、私は、モラルもモラールもいらないと思います。

あ、個人的には使うのですけどね(矛盾しとる(^_^;))。
Posted by U2QMS at 2004年08月18日 02:45
U2QMSさん
確かにモラルもモラールも普段は使いませんね。
私は公徳心ややる気もあまり使いませんが...
公の場(特に会社)で使う人がいる以上、正しく
理解できる事は大切なのかなと思った次第です。
組織ってどうして難しい言葉をあえて使うのでしょう。
仲間意識?それともステータスでしょうか。
公徳心は我家の17歳には通じないかもしれません。
まあ、モラルも通じないでしょうけど...
Posted by 電算担当者 at 2004年08月18日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■今日の衝撃の事実
Excerpt: 日々是ブログ: モラルとモラールを読んで、愕然とした。 ところが実際は違う言葉で
Weblog: 大阪てきとー日記
Tracked: 2004-08-06 15:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。