2016年04月09日

2016年3月の鑑賞メーター

観たビデオの数:10本
観た鑑賞時間:1064分

カイト/KITE [Blu-ray]カイト/KITE [Blu-ray]
登場人物の相関・背景・現状がよくわからないまま話が進んでいく。なので何故こんな事をするのかという行動原理がわからない。一応説明や謎解きらしきものはあるのだが今ひとつ腑に落ちない。そもそもこういう少女キャラは、可憐・清楚・儚さというイメージとエロさや強さといった現実とのギャップが良いのではないかと思うが今作ではその辺りが上手く表現されていない。日本人との感覚の違いなのかも知れないが。それにしてもサミュエルエルジャクソンは色んな作品に出てますね。そのうちサミュエル数とか言い出しそう。因みに彼のベーコン数は2。
鑑賞日:03月27日 監督:ラルフ・ジマン

ベアリー・リーサル [DVD]ベアリー・リーサル [DVD]
もっとシリアスな話かと思ってたらコメディだった。スパイキッズのハイスクール版といった感じだろうか。アクションも恋愛要素もゆる〜く進行。エンドロール前には続編作る気も有りそうな映像も。
鑑賞日:03月27日 監督:カイル・ニューマン

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 [DVD]ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 [DVD]
ロバートデニーロ、ジョンキューザックと有名どころが出てる割にテイストが昔のドラマ風。バッグの中身で引っ張る引っ張る。そこまで知りたい感じでは無いけど、知らないと気持ち悪い。その為に我慢して観続けるといった感じ。何となく想像できたオチだけど、それって夢オチと変わらないよね。バッグの中身もスッキリとは程遠い。ラストの何やら爽やかな感じも違和感。ジョンキューザックとモーテルの組み合わせはアイデンティティや1408号室を期待したが、ハードル上げ過ぎたかも。
鑑賞日:03月21日 監督:デヴィッド・グロヴィック

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
カーアクションに徹した娯楽超大作。豊富な資金という人気シリーズの強みを存分に発揮。只シリーズなのでストーリー上の縛りや登場人物が増える等制約も出てくる。それを2時間でと考えるとやはり無理が出てくる。ストーリーは2,3作使って完結という考えか。今作の悪役ジェイソンステイサムは万能感と不死身感が半端無い。ヴィンディーゼルも大概だけどそれを上回ってる。ポールウォーカーの登場シーンはどうしてもブライアンとしてではなくポールとして観てしまう。作ってる方も半分そのつもりで作ってるよね。亡くなったのは本当に残念。
鑑賞日:03月20日 監督:ジェームズ・ワン

ジュピター ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]ジュピター ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
過去の色々な作品のエッセンスを詰め込んだ壮大な茶番劇。結果も予想どおりだが、どんでん返しや小細工無く最後まで茶番劇をやり切っている所がすごく良い。爽快感すら有る。ひょっとして過去の作品を皮肉った作品なのか?だとしたら観方も変わってくるし、別な面白さも有る。チャニングテイタムは相変わらずシャイなマッチョのイメージだが、皮肉の意味があるとすれば面白いキャスティング。
鑑賞日:03月13日 監督:ラナ・ウォシャウスキー,アンディ・ウォシャウスキー

スティールワールド [DVD]スティールワールド [DVD]
一応筋は通っている。ただし個別のエピソードの説得力が低い。やりようによってはもっと面白くなりそうなのに、残念。ロボットが歩いて山越えて来た事に草。スキンヘッドの嫌な先生といえば、バックトゥザフューチャーのジェームズトルーカンを思い出した。
鑑賞日:03月12日 監督:ジョン・ライト

博士と彼女のセオリー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]博士と彼女のセオリー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
前半出てくる人達が皆んな良い人。ジェーンの回顧録が基になっているだけに、良い思い出の記録的意味合いが強いのかもしれない。途中事実としての色々な出来事が描かれているが、それすらラストシーンの家族が全てという結末にとって必要な事として描かれている。或る意味ファンタジーとも言える作品。主役の二人が時系列できちんと老けていって見えるのはさすが。エディレッドメインはホーキング博士になりきっていたのはすごいが、モノマネと演技の違いって何だろう?と思った。
鑑賞日:03月12日 監督:ジェームズ・マーシュ

ハイジャッキング [DVD]ハイジャッキング [DVD]
基本セリフしゃべる時は顔のアップ、物動かす時は物のアップと、寄りの映像ばかりで観ていて疲れる。どんでん返しもミスリードが無いので生きてこない。ランディークートゥアに惹かれて観たけど、この人である必要無い感じでした。そもそも攻める方も守る方も行き当たりばったり過ぎて観ててイライラする。褒める所が見つからない。
鑑賞日:03月10日 監督:ジェフリー・グリーン

タイムリーパーズ [DVD]タイムリーパーズ [DVD]
行間読ませすぎです。伏線らしき物は一切回収されないし。皆んな気付いたらいつの間にか怪我してるし。大体内側から板打ち付けた部屋って、どうやって出たんだ?ルーク役のジェイミーマクラクラン、調べたらマレフィセントに出てた。記憶に無いなと思って役を見たら、Sodier in Wood。そら記憶に無いな。
鑑賞日:03月06日 監督:ジェイソン・バトラー

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]
人はいくら名声や人に無い個性が有っても権威を求めるという事か。そしてその権威の呪縛が解かれた時、人は本当の意味で羽ばたける。作中には権威の下で有れば何をしても良いと考える人達、その時々で名声や権威に迎合する人達が描かれる。終始寄りのカメラワークは主人公の狭い視点を、飛んでいる時の引きの映像は解き放たれた視点をそれぞれ表しているのかもしれない。ドラムの音は何かの警鐘の様にも感じた。視聴中や視聴後すぐは何を言いたいのか?と不思議な感じだったが、じっくり考えると色々な解釈ができる作品。評価が高いのも頷ける。
鑑賞日:03月06日 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ

鑑賞メーター
posted by 電算担当者 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。