2004年08月30日

蜻蛉の食事

先週末は富良野に遊びに行ってきました。ドラマ「北の国から」
でお馴染みの、あの富良野です。市内に有る無料のキャンプ場
で食事をしていたら、目の前に緑色の小さな虫が飛んできました。

家人と「何という虫だろうね」等と話していたら、そこへ一匹の
蜻蛉が飛んで来て、パクッとその虫を食べてしまいました。田舎
育ちなので子供の頃、蜻蛉はたくさん見たり、捕まえたりしまし
たが、実際に他の虫を捕まえる瞬間というのは初めて見ました。

興奮しながら、今見た事について皆で話していると、一匹の蜻蛉
が飛んで来て、今度はテーブルの上に置いてあったウェットティ
ッシュの先にとまりました。口の辺りが何やら動いています。よく
見ると蜻蛉が何か虫を食べていて、おそらくは羽蟻でしょうか
まだ生きていて手足がもぞもぞ動いています。耳をすますとバリ
バリという音がします。近くに寄っても逃げないので、食事中に
他の生物に襲われたりする事も有るのでしょう。生きた虫を食べ
る蜻蛉。これも初めて見ました。

逃げないので写真を撮りましたが、上手く撮れませんでした。比較
的まともな1枚をアップします。下に落ちている黒い物は羽蟻の頭
です。頭だけでもしばらく動いていました。

蜻蛉食事中


posted by 電算担当者 at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初秋の風景・・
すーっと飛んでいくアキアカネ・・
なんとも 茜色の夕焼け空に
風情のある一コマですが・・

その実,トンボは他の昆虫を餌食にする
その獰猛さも持ち合わせています。
生きていくんですものね。

獰猛などと書きましたが,逞しさでしょうね。
生きていく術です。

生きていくための,その素顔を
ご家族で御覧になれたのですね。
これまた,大切な一コマですね。
Posted by Lhaca at 2004年08月31日 12:28
Lhacaさん
子供は目を丸くして見ていました。
次の日に学級の朝の会でその事を発表したとの事ですが、
反応が今一つだった様でがっかりしていました。百聞は
一見に如かずと言いますが、実際に見るのと話しを聞く
のでは大きく違うようです。良い体験ができました。
Posted by 電算担当者 at 2004年08月31日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。