2008年02月10日

サイレントヒル

ラダ・ミッチェル、珍しく悪者ではないショーン・ビーンジョ
デル・フェルランド
出演のコナミの同名のホラーゲームを
原作とした作品です。監督はクリストフ・ガンズ、原作ゲー
ムのプロデューサの山岡晃が製作総指揮、音楽を担当し
ています。

原作であるゲームをしていないせいか、物語の世界観や登
場するクリーチャー、人物の行動が理解できませんでした。
どんなに奇想天外な話であっても少なくとも作中では何らか
の必然性が有るものですが、この作品ではそれが感じられ
ず誰にも感情移入できないまま最後まで観てしまう事になっ
てしまいました。

一貫した薄暗い感じの映像はこの監督の特徴なのかもしれ
ませんがどこかジャパニーズホラーの様な感じを受けました。
クリーチャーやスプラッターシーンも確かに気持ちは悪いの
ですが、どれも中途半端な感じでした。

原作ゲームは日本より海外で人気が有る様でシリーズ化も
されています。今作品はそのゲームの1作目を主に基にして
作られたようです。

ラストシーンも恐らくは続編を意識してのものだったのでし
ょうが、結局は謎ばかりが残る事になりました。もし続編が
有るのなら、観てスッキリしたいという気持ちになったので
そういった意味では成功なのかもしれませんが、単体で考
えると不満の残る作品でした。

観た日 2008/2/9 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
サイレントヒル

関連ゲーム(Amazon.co.jp
サイレントヒル
posted by 電算担当者 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サイレントヒル
Excerpt: 原作はゲームですね。 ゲームでサイレントヒルを 全くやった事がない人が見ると、 ストーリーが意味不明なだけの映画と 感じてしまうのではないでしょうか。
Weblog: 【ムービーレビュー】映画の感想
Tracked: 2008-05-17 15:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。