2008年02月29日

DEATH GAME デスゲーム

ジョン・フォスターフランキー・ムニッズサミーア・アームスト
ロング
出演のゲームを題材にしたホラー作品。ゲームの世界と
現実の世界が交錯して、ゲームの世界で起きたことが現実にも
影響を及ぼすというストーリー。

こう書いてしまうとと現実には有り得ない事のようですが、ゲーム
やネットに没頭するあまり現実世界がおろそかになったり境界が
あいまいになったりという事は実際にも起こりそうな事で一概に
絵空事とは笑えないような気がします。

ゲームと現実の交錯といっても、CG等にあまりお金を掛けられな
かったのか舞台はほとんど現実世界です。撮影もわずか25日間
で行われたとの事です。

メインであろうゲームの世界での戦いに入るまでの前置きが長く
ラストはあっさりとしかもかなり謎を残しつつ終わります。その辺
りはゲームの不条理感を表しているのか、続編を睨んでのものな
のかはわかりませんが、もう少し説明があっても良かった様に感
じました。

主役のハッチ役は最初お兄さんのベン・フォスターがやる筈だっ
たのが、役のイメージにより合うからと弟のジョン・フォスターに
変わったとの事らしいです。そこにどんなプロセスや大人の事情
が有ったのか、むしろそちらの謎の方が気になります。

ちなみに「山手線デス・ゲーム」とは特に関係は無いようです。

観た日 2008/2/28 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
DEATH GAME デスゲーム
posted by 電算担当者 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

サイレントヒル

ラダ・ミッチェル、珍しく悪者ではないショーン・ビーンジョ
デル・フェルランド
出演のコナミの同名のホラーゲームを
原作とした作品です。監督はクリストフ・ガンズ、原作ゲー
ムのプロデューサの山岡晃が製作総指揮、音楽を担当し
ています。

原作であるゲームをしていないせいか、物語の世界観や登
場するクリーチャー、人物の行動が理解できませんでした。
どんなに奇想天外な話であっても少なくとも作中では何らか
の必然性が有るものですが、この作品ではそれが感じられ
ず誰にも感情移入できないまま最後まで観てしまう事になっ
てしまいました。

一貫した薄暗い感じの映像はこの監督の特徴なのかもしれ
ませんがどこかジャパニーズホラーの様な感じを受けました。
クリーチャーやスプラッターシーンも確かに気持ちは悪いの
ですが、どれも中途半端な感じでした。

原作ゲームは日本より海外で人気が有る様でシリーズ化も
されています。今作品はそのゲームの1作目を主に基にして
作られたようです。

ラストシーンも恐らくは続編を意識してのものだったのでし
ょうが、結局は謎ばかりが残る事になりました。もし続編が
有るのなら、観てスッキリしたいという気持ちになったので
そういった意味では成功なのかもしれませんが、単体で考
えると不満の残る作品でした。

観た日 2008/2/9 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
サイレントヒル

関連ゲーム(Amazon.co.jp
サイレントヒル
posted by 電算担当者 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

デスノート the Last name

藤原竜也、松山ケンイチ出演、の同名漫画を原作とした作品の
後編です。名前を記されると死ぬノートとそれを手に入れた人物
を中心として展開される物語です。

名前を記されると死ぬノートというアイディアは、それが何らか
の作品に迄なっているかはわかりませんが、おそらく過去にも
存在していたのではないかと思います。

しかし、この作品はともすれば子供の思い付きともとられかねな
いそのアイディアを、それを支える骨格を作りこむ事により見事
なひとつの作品に仕上げています。そして、その骨格のひとつが
ノートに関する細かいルールではないでしょうか。

矛盾の語源となった最強の矛と楯の話の様な事が起こらない様
に先回りしてルールとして説明してくれています。そのおかげで
作品を観ている間に現実に引き戻される事無く安心して観ている
事ができます。

反面そのルールが前提の出来事や策略等は原作を読んでいない
人には難解ですぐには理解できない場合も有るかもしれません。

原作はすでに連載を終了しており一部と二部に分かれているそう
ですが、この作品はその一部の部分を映画化したものです。こう
いった作品、それも人気の有る作品を映画化する時に問題になる
のは当然出てくる原作との違いの部分だと思うのですが、その辺
りは原作のファンの方はどう思っているのか興味のある所です。

この作品で松山ケンイチ演じる謎の探偵L(エル)のスピンオフ作品
が公開されます。第2の主役ともいえ、謎も多く時折見せる表情や
しぐさが魅力的な人物だっただけに楽しみな作品です。

観た日 2008/2/8 場所 自宅 テレビ

関連DVD(Amazon.co.jp
DEATH NOTE デスノート
DEATH NOTE デスノート the Last name
DEATH NOTE デスノート
/ DEATH NOTE デスノート the Last name complete set


関連書籍(Amazon.co.jp
DEATH NOTE デスノート(1)
DEATH NOTE OFFICIAL MOVIE GUIDE (1)
DEATH NOTE OFFICIAL MOVIE GUIDE (2)
posted by 電算担当者 at 16:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

間違い探し

という訳で、間違い探しです。

iitomo2.jpg

正解は...
posted by 電算担当者 at 22:27| Comment(20) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

日本のブルース・ウィリス

IMDBブルース・ウィリスの写真を「老けたな〜」とか
「すっかり、おじいちゃんだな〜」とか思って見ていたら
ある人に似ている事に気付きました。

先に言いますけど、この人ではありません。

続きを読む
posted by 電算担当者 at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

時間貸し遊び施設

先日近くの10分70円遊び放題の施設に行きました。
漫画喫茶にはたまに行くのですが、こういった施設
に行ったのは初めてでした。

そもそも一般的な名称は何というのでしょう?総合
レジャー施設?アミューズメント施設?

色々な物が有りますが、ボウリング、カラオケ、ビ
リヤード、ダーツ辺りがメインでしょうか、ゲームや
漫画等は古くて故障の物も多く、メインの物の待ち
の間の時間潰しと考えた方が良いかもしれません。

それにしても、ボウリングやカラオケは空いてる所
が有るのに待たされるのは、長時間いさせる為の
罠でしょうか?

でも24時間のパック料金も有り、単にボウリング
だけをしに行ったと考えても充分に元はとれるよう
な気はします。(レーン等の施設は手入れもされて
なくて酷い状態ですが)ボウリング場が客を取られ
てしまってるというのはわかる気がします。

今回は初めてだったので、勝手がわからず無駄な
時間も使ってしまいましたが、次回行くとしたらもう
少し効率良く楽しめるようにしたいと思います。

そもそも遊びなのに元がとれるとか効率とか考えて
る時点で既に駄目なのか?
posted by 電算担当者 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

鉄コン筋クリート

松本大洋の同名漫画を映画化した作品。監督はこの作品が
初監督のマイケル・アリアス。声の出演は二宮和也、蒼井優
宮藤官九郎、本木雅弘と俳優を多く起用しています。

再開発に揺れる架空の東洋のテイスト満載の日本の街を舞
台に、親の無い子供クロとシロを通して、人間や社会が内包
しているの善と悪、光と影の二面性を描いた作品。背景の街
並みがものすごく細かく描かれています。

内容はものすごくハードボイルドでダークですが、希望を感
じさせるものになっています。ラストの台詞「俺はシロを信じ
る」が悪や闇を無くす事はできないが、それを抑える事は可
能だという事を表しているような気がします。

原作となった漫画は未読ですが、この作品やこの作者の他
の作品も読んでみたくなりました。

アメリカでの公開時はR指定だったようです。

観た日 2008/1/13 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
鉄コン筋クリート

関連書籍(Amazon.co.jp
鉄コン筋クリート (1)
鉄コン筋クリート (2)
鉄コン筋クリート (3)
posted by 電算担当者 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

ラッキーナンバー7

ジョシュ・ハートネットブルース・ウィリスモーガン・フリ
ーマン
ベン・キングスレールーシー・リュー、それにスタ
ンリー・トゥッチ
と豪華キャストのクライムサスペンスです。

最初に説明無く出来事を並べて、話が進んでいくうちに謎が
解けていくという、最近のトレンドともいえる作りです。それで
も飽きずに最後まで見ることができるのは、軽快で時にはコ
メディ的な感じすらするタッチと、スタイリッシュで独特な映像
に依るところが大きいのではないかと思います。

もちろん俳優の力も有ると思いますが、モーガン・フリーマン、
ベン・キングスレーは、それぞれこの作品の役で使うには少し
もったいなかったのではないでしょうか。

映像にこだわるとその映像だけが印象に残ったり、物語とは
乖離したりしがちですが、この作品にはそれがなく独特の色
使いが作品の雰囲気にマッチしていました。私は特に各建物
の廊下の模様と空港の待合室の椅子の色が気に入りました。

邦題は「ラッキーナンバー7」ですが、原題は「Lucky Number
Slevin」です。どちらも物語りに関わりのある言葉なのですが、
より関わりの深いのはやはり原題の方ではないかと思います。

脚本も良く練られていますが、物語そのものよりもそれを切り
取った場面やキャストがイメージとして記憶に残る作品でした。

作中の検死室に手のレントゲンが有るのですが、それは監督
ポール・マクギガンの手との事です。

観た日 2008/1/12 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
ラッキーナンバー7
posted by 電算担当者 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

16ブロック

ブルース・ウィリスモス・デフデイヴィッド・モース主演の
アクション映画です。ブルース・ウィリスがFBIの刑事ジャック・
モーズリーを演じているのですが、こういった「いざとなったら
俺はやるんだ」的な役は彼にピタリとはまります。

この役名のジャック・モーズリーはミッドナイト・ランロバー
ト・デ・ニーロ
が演じたバウンティハンターのジャック・ウォル
シュとヤフェット・コットー演じるFBI捜査官アロンゾ・モーズ
リーから採ったそうです。

アクションも、その背景になる事件もあまり派手に描かれてお
らず、人間関係も深くは掘り下げられていませんが、その分、
あまり悩まず気軽に観る事のできる作品となっています。逆の
言い方をすると全てが中途半端で、アクション等何か1つにつ
いて期待して観る方は物足りなさを感じるかもしれません。

モス・デフ演じるエディ・バンカーの台詞もアクセントが独特で
役の雰囲気に合っていました。ブルース・ウィリスは最初この
役にリュダクリスを推していたとの事ですが、モス・デフで正解
ではなかったかと思います。

この役名のエディ・バンカーはレザボア・ドッグスにミスター・
ブルー役で出ていた実在の俳優・作家でまさにこの作品の役
の様な人生を生きたエドワード・バンカーから採ったようです。

これだけキャストのイメージと作中の役のイメージが合っている
作品も珍しいと思います。その辺りの誰が良い役で、誰が悪いと
いう事は作品の中では、さほど重要では無いので良いのですが、
やはり意外性に欠ける様な気もします。特にデイヴィッド・モー
スは悪役のイメージが付いちゃって少しかわいそうな感じです。

ラストもめでたさも中ぐらいなりといった感じで、やっぱり最後迄
中途半端でしたが、観終わった後にさほどモヤモヤしないのは
全てこぢんまりながらバランス良くまとめられていたのと、俳優
それぞれの力による所が大きかったと思います。

2008/1/8 追記
公式サイトのコピー「ブルース史上、最悪の敵。」って
どうなんでしょう?映画史上とかじゃない所が奥ゆかしい?

2008/1/12 追記
作中でモス・デフ演じるエディ・バンカーが何度か口にするクイズ
「嵐の中運転していたら、バス停に親友・病気で死にそうなお婆さ
ん・理想の女性がいました。車にはもう一人しか乗れません。どう
しますか?」というのが有って、ラストでブルース・ウィリス演じ
るジャック・モーズリーが見事にそれに答えます。

その一見誰を犠牲にするか?という問題に、皆が幸せになるとい
う答えを出すという事がこの作品のテーマだったと言えるかもし
れません。

観た日 2008/1/5 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
16ブロック
ミッドナイト・ラン
レザボア・ドッグス

関連書籍(Amazon.co.jp
エドワード・バンカー自伝
posted by 電算担当者 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MyMiniCity

知ってる人には今更なのでしょうが、最近twitterで知った
MyMiniCityをはじめてみました。

始めたばかりでよくわからないのですが、自分で名前を付け
た都市を作って、そこに人が訪れる事によりその都市が発展
していくという事らしいです。

最初なので、当然地図にはポツンと一軒家です。
densan city - MyMiniCity
mmc1.gif

又、訪れることで発展といってもリンクするURLによって
発展する項目が違うようで、人口が増えたり、工業が増え
たり、交通ネットワークを改善したり等と分かれている様
です。そして人口が増える事により失業率が上がる(工業
を増やさなくてはいけない?)様に連鎖して改善点(訪れ
てもらわなくてはいけないURL)も変わっていく様です。

内容は↓こちらが詳しいです。
ついったー部 - MyMiniCity部

その辺りが面倒(それならやらなきゃ良い?)な人には自動
的に都市の弱い部分を判別して、そのURLにリダイレクトし
てくれるというサービス?を公開されている方もいらっしゃる
様なのでそちらを利用するという手も有ります。
にぽたん研究所
MyMiniCity で踏んで欲しい URL が変動しすぎる

皆さんも自分の都市を作ってみては?
posted by 電算担当者 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。