2007年12月24日

ソウ便乗邦題作品

前回の記事でソウの便乗邦題作品の「SAW.ZERO」について
書きましたが、調べてみると他にも疑惑の作品が有りました。

- JIGSAWシリーズ -
シリーズといっても個々の作品同士には関連は無く、もちろん
オリジナルとの関連も無いようです。
JIGSAW ジグソー
JIGSAW ゲーム・オブ・デス
JIGSAW デッド・オア・アライブ
JIGSAW タワー・オブ・デス

- パズラーシリーズ -
こちらも個々の作品同士に関連は無いようです。
パズラー
パズラー2

その他にこんな作品もありました。
5IVE[ファイブ]

こういった作品が出てくるという事はオリジナルの人気のバロ
メータでも有るのでしょう。個々の作品を観た訳ではないので
ここにあげた作品がそうかはわかりませんが、劣化コピーや
売らんかなの販売戦略という事でオリジナルのイメージを利用
するだけのやり方は少し悲しい気がします。(その無理さ加減
がおもしろくも有るのですが)

でも個々の作品を作った人は、遠い日本で自分の作品がこうい
った売られ方をしているのは、きっと知らないんでしょうね。
posted by 電算担当者 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウ3

ジェームズ・ワンリー・ワネルのコンビの製作のホラー作品
監督は前作に引き続きダーレン・リン・バウズマンです。

一言で言うとグロいです、グロ過ぎます。前2作もグロかったの
ですが、ここまでは酷くはありませんでした。まあ、そのグロさ
=前2作との違い、にも結局は意味が有るのですが、もっと別
な方法での表現方法も有った様に思います。

その違いというのはラストで明かされるのですが、前2作は謎を
提示した上での前フリが有っての種明しだったのに対し、今作は
謎がわからない伏線的な前フリでの種明しだったので、何だか後
付け的な感じがして、すんなり受け入れられなかったという事も
有り、スッキリしない幕切れに感じられました。

第1作目でのアイディアを第2作目でスケールアップさせたのを
今作で補完、そして次作へつなぐという位置づけの作品で有る様
な気がします。ソウを考え出した1作目のコンビが次回作からは
総指揮に回り一線から引いたという事からも、ソウと言う一連の
物語の転換機的な作品と言えるような気がします。

その辺りにどの様な大人の事情が有るのかはわかりませんが、
低予算のアイディア勝負の作品に大手が目を付けて、続編を作
っていく過程で初期のエッセンスがどんどん薄まっていき、初期
のファンが離れていくという、映画界のお約束を踏襲しているよう
な感じもします。それはそれで製作者にはチャンスでは有るとは
思うのですが、過去に学ぶというのか、もっと上手いやり方は無
いものかとも思います。

現在4作目が公開中、5作目も製作に入っているという事(予定
では5作で終わり?)です。こうは書いても結局最後迄観てしまう
んでしょうね。シリーズ物っていうのはよっぽどの事が無い限り
は途中で観るのを止められないんですよね。

そういった意味ではジェームズ・ワン、リー・ワネルのコンビで
作った「Dead Silence」というホラー作品も気になります。こちら
も人形が出てくるとの事、この2人よっぽどホラーと人形が好き
なんでしょうか。

それと、やはり出てきた便乗邦題作品「SAW.ZERO」まったく関係
ないカナダ製作の何故かフランス語作品。原題はもちろん全然違
うので日本の販売戦略?なのでしょうがこういった事も映画(邦画?
)界のお約束でしょうか。

観た日 2007/12/20 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
SAW ソウ
ソウ2
ソウ3
SAW.ZERO
posted by 電算担当者 at 14:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ヒートテックインナー

昨日の記事に書いたユニクロのヒートテックインナーを
今日ワイシャツの下に着て会社に行きました。

確かに温かかったのですが、普段はワイシャツの下はTシャツ
ヒートテックインナーは九部袖なので単純に比較はできません。
水蒸気で発熱も正直実感できるほどでは有りませんでした。

でもこういうのって「普段→ちょっと良いもの」では感じなくても
その後「ちょっと良いもの→又普段へ」の方が差を感じますよね。
だから明日又普段のTシャツで会社に行ったらどう感じるかですね。

ちなみにヒートテック単体で着たときは体にフィットするのと伸び
縮みするので動きやすいのですが、ワイシャツの下に着ると九部袖
のすべりが悪く慣れるまで若干動きにくさを感じました。すべる素材
だとワイシャツの下にも着易くて良いのでは無いかと思いました。
(それはそれで単体で着てる時に不気味な気もしますが)
九部袖は、確かにちょっと短くてワイシャツの下に着るのに最適の
長さだっただけにちょっと残念な気がします。

どうでも良い事ですが、半袖の袖って長袖の半分の長さでは無いと
思うのは私だけでしょうか?
posted by 電算担当者 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

モニター当選

昨日の夜、宅配便でユニクロから何か届きました。

unqlo1

すっかり忘れていたのですが、どうやらユニクロのヒートテック
インナー体感キャンペーンに当選したようです。

uniqlo2

ヒートテックプラスクルーネックT(九分袖)\1,500の白でした。

昔からシャツの中に何か着ないとすぐにお腹が冷えて、腹の調子
が悪くなってしまうので、普段から会社に着ていくワイシャツの下
にもTシャツを着ています。

素肌にシャツというのが、どうしても受け入れられない年代でも
有るのかもしれません。汗取り(今は聞かない言葉ですね)は
必須だと思うのですが皆さんは如何でしょう?

当選したTシャツを早速、月曜日会社に着て行き感想を後日アップ
しようと思います。今まで綿のTシャツばかりで、ハイテク素材?を
着るのは初めてなので今から楽しみです。
posted by 電算担当者 at 23:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

笑の大学

星護監督、役所広司、稲垣吾郎出演の昭和の初めを舞台にした
検閲官と脚本家の取調室での攻防を描いた喜劇。脚本と演出は
三谷幸喜。

この作品は他に同名のラジオドラマ・舞台版があり、舞台を見た
プロデューサーが三谷幸喜に映画化を申し入れたとの事です。

昭和初期の軍国主義の中の検閲についての話ではあるが、現代
の脚本にも有形無形の様々な圧力がある事を、暗に表している作
品となっています。

又個々人の思想が、組み入れられた枠組みや組織によって抑圧
されたり、歪められていく事も描かれています。

舞台版はもちろん未見ですが、主に役所広司と稲垣吾郎の掛け
合いがメインなので、映画で観るよりは舞台で見た方が面白いの
ではないかという気がしました。

加藤あいと木梨憲武がカメオ出演しています。3日目の街の中
に出てくるカフェの前で掃除している人と警官に謝っている人が
そうらしいのですが、残念ながら我が家のテレビでは確認でき
ませんでした。

観た日 2007/10/7 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
笑の大学
posted by 電算担当者 at 22:15| Comment(4) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

かもめ食堂

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ出演のこの作品の為に書き
下ろした、群ようこの同名小説が原作です。監督は「バーバー吉
野」の荻上直子。

フィンランドを舞台に、小林聡美演じる女主人が経営するかもめ
食堂でのゆるーい日常を描いた作品です。まず有り得ない設定
を違和感なくみせるのは、監督の荻上直子と原作者の群ようこ
に共通した特徴かもしれません。それが出演者のゆるさとあいま
って本当にのんびりした気分にさせてくれる作品になっています。

とにかく小ネタで笑わせてくれます。それと出てくる食べ物がと
にかく美味しそう。私は観おわった後すぐにおにぎりを作って食
べてしまいました。この辺りはフードスタイリストの飯島奈美に
よる所も大きいかもしれません。

おすすめの作品です。

この監督の次回作の「めがね」も、もたいまさこと小林聡美が
出演、フードスタイリストも飯島奈美です。なので面白くて美味
しい作品になるのは間違いありません。今から楽しみです。

観た日 2007/9/15 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
かもめ食堂
バーバー吉野

関連BOOK(Amazon.co.jp
かもめ食堂
posted by 電算担当者 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(2) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

アローン・イン・ザ・ダーク

クリスチャン・スレーター主演のSFアクション。同名のゲームを
題材にした作品です。2005年のStinkers Awards、Worst Picture
Worst Director、Worst Special Effectsの3部門を見事?に受賞
した作品です。

題材になったのはPCのアドベンチャーゲームで、結構人気の有
るゲームのようです。このゲームのファンはこの作品をどういう風
に受け止めたのでしょうか。聞いてみたい気がします。

冒頭から長々と作品の背景の説明が文章で流れます。監督の
Uwe Bollが特撮にお金を掛け過ぎて他のシーンにお金がまわら
ず、結局よくわからない作品になってしまった為、後で付け加えら
れたそうです。

ラストの意味も良くわかりませんでした。監督は最初から続編
頭に有っての演出だったのかもしれませんが1作目のキャストが
全く出演しないようなのでそれも意味が無かったかもしれません。

それにしてもクリスチャン・スレーターまだ30代なのにしばらく
見ないうちに随分と老けた感じになってしまいましたね。

観た日 2007/9/10 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
アローン・イン・ザ・ダーク

関連GAME(Amazon.co.jp
アローン イン ザ ダーク ~新たなる悪夢~ 日本語版
posted by 電算担当者 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

ファイヤーウォール

ハリソン・フォード主演の、人質になった家族を救う為に奮闘する
お父さんを描いた作品です。

ファイヤーウォールというタイトルの通り銀行とそのセキュリティ
システムを舞台にした作品ですが、犯罪トリックやセキュリティの
専門的な部分の描写を期待して観ると肩透かしをくう事になりそ
うです。

あくまでもハリソン・フォード演じるお父さんが家族の為に頑張る
事がメインなので、家族が人質になる事に説明がつけば別の設
定でも、そのままで充分成立しそうな作品です。

派手なアクションや緻密なプロットは有りませんが、ハリソン・フォ
ードが老体に鞭打って家族の為に頑張る姿は、思わず応援したく
なります。舞台設定が細かくなくても感情移入しながら観る事が
出来たのは、そういった親近感も大きかったのではないかと思い
ます。

車で移動するシーンの背景が合成っぽかったのは少し冷めまし
たが、古き良き時代のテレビホームドラマの様で、最後迄それな
りにハラハラドキドキと観る事ができました。

それにしても、ハリソン・フォードはいつになったらおじいちゃん
役をやるようになるのでしょうか。

観た日 2007/8/4 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
ファイヤーウォール
posted by 電算担当者 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

時をかける少女

細田守監督のアニメ作品。最初は原田知世主演の実写版「時を
かける少女」の設定を現代にしてアニメ化した作品のつもりで観
ていました。

しかし観ている内に何だか違う事に気付き、調べたら筒井康隆の
小説を基に舞台を約20年後に移した、小説の続編的な作品との
事でした。

続編と言ってもオリジナルとのつながりはそれ程無く続編に名を
借りた新たな解釈での映画化と言った方が良いかもしれません。
しかし続編的な登場人物や小道具、エピソードが登場する等、オ
リジナルを読んだり観ていた人が、思わずニヤリとしそうな場面
も有りました。

通常、あれだけ有名な原作や実写作品が過去に有ると影響を受
けるか逆に意識して突飛な設定や、真逆の作品になりそうですが
今作品はそれを感じさせません。今も昔も変わらない若者の行動
の根本の部分を原作を生かしながら上手く作品にしています。

老若男女が楽しめる作品で最初はひっそりと公開されたのに、口
コミで面白さが広がり、結果としてロングラン上映になったという
のも判る気がします。また、上映時期がゲド戦記と重なっていた
というのも何か因縁の様なものを感じました。

背景もきちんと描き込まれていて、それが作品にリアリティを与え
ており、他の作品は観た事が無いですがその辺りの画作りがこの
監督の特徴なのではという気がします。次回作が楽しみです。

花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」ド深夜に時かけ
トラックバックです。

観た日 2007/7/21 場所 自宅 TV

関連DVD(Amazon.co.jp
時をかける少女(2006年アニメ)
時をかける少女(1983年作品)

関連書籍(Amazon.co.jp
時をかける少女 〈新装版〉
時をかける少女 絵コンテ 細田守
posted by 電算担当者 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

いい人

そもそも「いい人」の定義って何でしょう。

誰かにとって「いい人」は「いい人」で有れば有る程
別の誰かにとっては「悪い人」かもしれません。

誰にとっても「いい人」は、結局「当たり障りの無い人」
に過ぎないのでは無いでしょうか。

他人それも個々に違う基準に過ぎないので有れば
無理に「いい人」になる必要は有るのでしょうか。

そんな事に右往左往する位なら、自分の基準を
しっかり持ち、自分にとっての「いい人」を
目指した方が良いのではないでしょうか。
posted by 電算担当者 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする