2008年01月13日

鉄コン筋クリート

松本大洋の同名漫画を映画化した作品。監督はこの作品が
初監督のマイケル・アリアス。声の出演は二宮和也、蒼井優
宮藤官九郎、本木雅弘と俳優を多く起用しています。

再開発に揺れる架空の東洋のテイスト満載の日本の街を舞
台に、親の無い子供クロとシロを通して、人間や社会が内包
しているの善と悪、光と影の二面性を描いた作品。背景の街
並みがものすごく細かく描かれています。

内容はものすごくハードボイルドでダークですが、希望を感
じさせるものになっています。ラストの台詞「俺はシロを信じ
る」が悪や闇を無くす事はできないが、それを抑える事は可
能だという事を表しているような気がします。

原作となった漫画は未読ですが、この作品やこの作者の他
の作品も読んでみたくなりました。

アメリカでの公開時はR指定だったようです。

観た日 2008/1/13 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
鉄コン筋クリート

関連書籍(Amazon.co.jp
鉄コン筋クリート (1)
鉄コン筋クリート (2)
鉄コン筋クリート (3)
posted by 電算担当者 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

ラッキーナンバー7

ジョシュ・ハートネットブルース・ウィリスモーガン・フリ
ーマン
ベン・キングスレールーシー・リュー、それにスタ
ンリー・トゥッチ
と豪華キャストのクライムサスペンスです。

最初に説明無く出来事を並べて、話が進んでいくうちに謎が
解けていくという、最近のトレンドともいえる作りです。それで
も飽きずに最後まで見ることができるのは、軽快で時にはコ
メディ的な感じすらするタッチと、スタイリッシュで独特な映像
に依るところが大きいのではないかと思います。

もちろん俳優の力も有ると思いますが、モーガン・フリーマン、
ベン・キングスレーは、それぞれこの作品の役で使うには少し
もったいなかったのではないでしょうか。

映像にこだわるとその映像だけが印象に残ったり、物語とは
乖離したりしがちですが、この作品にはそれがなく独特の色
使いが作品の雰囲気にマッチしていました。私は特に各建物
の廊下の模様と空港の待合室の椅子の色が気に入りました。

邦題は「ラッキーナンバー7」ですが、原題は「Lucky Number
Slevin」です。どちらも物語りに関わりのある言葉なのですが、
より関わりの深いのはやはり原題の方ではないかと思います。

脚本も良く練られていますが、物語そのものよりもそれを切り
取った場面やキャストがイメージとして記憶に残る作品でした。

作中の検死室に手のレントゲンが有るのですが、それは監督
ポール・マクギガンの手との事です。

観た日 2008/1/12 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
ラッキーナンバー7
posted by 電算担当者 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

16ブロック

ブルース・ウィリスモス・デフデイヴィッド・モース主演の
アクション映画です。ブルース・ウィリスがFBIの刑事ジャック・
モーズリーを演じているのですが、こういった「いざとなったら
俺はやるんだ」的な役は彼にピタリとはまります。

この役名のジャック・モーズリーはミッドナイト・ランロバー
ト・デ・ニーロ
が演じたバウンティハンターのジャック・ウォル
シュとヤフェット・コットー演じるFBI捜査官アロンゾ・モーズ
リーから採ったそうです。

アクションも、その背景になる事件もあまり派手に描かれてお
らず、人間関係も深くは掘り下げられていませんが、その分、
あまり悩まず気軽に観る事のできる作品となっています。逆の
言い方をすると全てが中途半端で、アクション等何か1つにつ
いて期待して観る方は物足りなさを感じるかもしれません。

モス・デフ演じるエディ・バンカーの台詞もアクセントが独特で
役の雰囲気に合っていました。ブルース・ウィリスは最初この
役にリュダクリスを推していたとの事ですが、モス・デフで正解
ではなかったかと思います。

この役名のエディ・バンカーはレザボア・ドッグスにミスター・
ブルー役で出ていた実在の俳優・作家でまさにこの作品の役
の様な人生を生きたエドワード・バンカーから採ったようです。

これだけキャストのイメージと作中の役のイメージが合っている
作品も珍しいと思います。その辺りの誰が良い役で、誰が悪いと
いう事は作品の中では、さほど重要では無いので良いのですが、
やはり意外性に欠ける様な気もします。特にデイヴィッド・モー
スは悪役のイメージが付いちゃって少しかわいそうな感じです。

ラストもめでたさも中ぐらいなりといった感じで、やっぱり最後迄
中途半端でしたが、観終わった後にさほどモヤモヤしないのは
全てこぢんまりながらバランス良くまとめられていたのと、俳優
それぞれの力による所が大きかったと思います。

2008/1/8 追記
公式サイトのコピー「ブルース史上、最悪の敵。」って
どうなんでしょう?映画史上とかじゃない所が奥ゆかしい?

2008/1/12 追記
作中でモス・デフ演じるエディ・バンカーが何度か口にするクイズ
「嵐の中運転していたら、バス停に親友・病気で死にそうなお婆さ
ん・理想の女性がいました。車にはもう一人しか乗れません。どう
しますか?」というのが有って、ラストでブルース・ウィリス演じ
るジャック・モーズリーが見事にそれに答えます。

その一見誰を犠牲にするか?という問題に、皆が幸せになるとい
う答えを出すという事がこの作品のテーマだったと言えるかもし
れません。

観た日 2008/1/5 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
16ブロック
ミッドナイト・ラン
レザボア・ドッグス

関連書籍(Amazon.co.jp
エドワード・バンカー自伝
posted by 電算担当者 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MyMiniCity

知ってる人には今更なのでしょうが、最近twitterで知った
MyMiniCityをはじめてみました。

始めたばかりでよくわからないのですが、自分で名前を付け
た都市を作って、そこに人が訪れる事によりその都市が発展
していくという事らしいです。

最初なので、当然地図にはポツンと一軒家です。
densan city - MyMiniCity
mmc1.gif

又、訪れることで発展といってもリンクするURLによって
発展する項目が違うようで、人口が増えたり、工業が増え
たり、交通ネットワークを改善したり等と分かれている様
です。そして人口が増える事により失業率が上がる(工業
を増やさなくてはいけない?)様に連鎖して改善点(訪れ
てもらわなくてはいけないURL)も変わっていく様です。

内容は↓こちらが詳しいです。
ついったー部 - MyMiniCity部

その辺りが面倒(それならやらなきゃ良い?)な人には自動
的に都市の弱い部分を判別して、そのURLにリダイレクトし
てくれるというサービス?を公開されている方もいらっしゃる
様なのでそちらを利用するという手も有ります。
にぽたん研究所
MyMiniCity で踏んで欲しい URL が変動しすぎる

皆さんも自分の都市を作ってみては?
posted by 電算担当者 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

ソウ便乗邦題作品

前回の記事でソウの便乗邦題作品の「SAW.ZERO」について
書きましたが、調べてみると他にも疑惑の作品が有りました。

- JIGSAWシリーズ -
シリーズといっても個々の作品同士には関連は無く、もちろん
オリジナルとの関連も無いようです。
JIGSAW ジグソー
JIGSAW ゲーム・オブ・デス
JIGSAW デッド・オア・アライブ
JIGSAW タワー・オブ・デス

- パズラーシリーズ -
こちらも個々の作品同士に関連は無いようです。
パズラー
パズラー2

その他にこんな作品もありました。
5IVE[ファイブ]

こういった作品が出てくるという事はオリジナルの人気のバロ
メータでも有るのでしょう。個々の作品を観た訳ではないので
ここにあげた作品がそうかはわかりませんが、劣化コピーや
売らんかなの販売戦略という事でオリジナルのイメージを利用
するだけのやり方は少し悲しい気がします。(その無理さ加減
がおもしろくも有るのですが)

でも個々の作品を作った人は、遠い日本で自分の作品がこうい
った売られ方をしているのは、きっと知らないんでしょうね。
posted by 電算担当者 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウ3

ジェームズ・ワンリー・ワネルのコンビの製作のホラー作品
監督は前作に引き続きダーレン・リン・バウズマンです。

一言で言うとグロいです、グロ過ぎます。前2作もグロかったの
ですが、ここまでは酷くはありませんでした。まあ、そのグロさ
=前2作との違い、にも結局は意味が有るのですが、もっと別
な方法での表現方法も有った様に思います。

その違いというのはラストで明かされるのですが、前2作は謎を
提示した上での前フリが有っての種明しだったのに対し、今作は
謎がわからない伏線的な前フリでの種明しだったので、何だか後
付け的な感じがして、すんなり受け入れられなかったという事も
有り、スッキリしない幕切れに感じられました。

第1作目でのアイディアを第2作目でスケールアップさせたのを
今作で補完、そして次作へつなぐという位置づけの作品で有る様
な気がします。ソウを考え出した1作目のコンビが次回作からは
総指揮に回り一線から引いたという事からも、ソウと言う一連の
物語の転換機的な作品と言えるような気がします。

その辺りにどの様な大人の事情が有るのかはわかりませんが、
低予算のアイディア勝負の作品に大手が目を付けて、続編を作
っていく過程で初期のエッセンスがどんどん薄まっていき、初期
のファンが離れていくという、映画界のお約束を踏襲しているよう
な感じもします。それはそれで製作者にはチャンスでは有るとは
思うのですが、過去に学ぶというのか、もっと上手いやり方は無
いものかとも思います。

現在4作目が公開中、5作目も製作に入っているという事(予定
では5作で終わり?)です。こうは書いても結局最後迄観てしまう
んでしょうね。シリーズ物っていうのはよっぽどの事が無い限り
は途中で観るのを止められないんですよね。

そういった意味ではジェームズ・ワン、リー・ワネルのコンビで
作った「Dead Silence」というホラー作品も気になります。こちら
も人形が出てくるとの事、この2人よっぽどホラーと人形が好き
なんでしょうか。

それと、やはり出てきた便乗邦題作品「SAW.ZERO」まったく関係
ないカナダ製作の何故かフランス語作品。原題はもちろん全然違
うので日本の販売戦略?なのでしょうがこういった事も映画(邦画?
)界のお約束でしょうか。

観た日 2007/12/20 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
SAW ソウ
ソウ2
ソウ3
SAW.ZERO
posted by 電算担当者 at 14:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

ヒートテックインナー

昨日の記事に書いたユニクロのヒートテックインナーを
今日ワイシャツの下に着て会社に行きました。

確かに温かかったのですが、普段はワイシャツの下はTシャツ
ヒートテックインナーは九部袖なので単純に比較はできません。
水蒸気で発熱も正直実感できるほどでは有りませんでした。

でもこういうのって「普段→ちょっと良いもの」では感じなくても
その後「ちょっと良いもの→又普段へ」の方が差を感じますよね。
だから明日又普段のTシャツで会社に行ったらどう感じるかですね。

ちなみにヒートテック単体で着たときは体にフィットするのと伸び
縮みするので動きやすいのですが、ワイシャツの下に着ると九部袖
のすべりが悪く慣れるまで若干動きにくさを感じました。すべる素材
だとワイシャツの下にも着易くて良いのでは無いかと思いました。
(それはそれで単体で着てる時に不気味な気もしますが)
九部袖は、確かにちょっと短くてワイシャツの下に着るのに最適の
長さだっただけにちょっと残念な気がします。

どうでも良い事ですが、半袖の袖って長袖の半分の長さでは無いと
思うのは私だけでしょうか?
posted by 電算担当者 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

モニター当選

昨日の夜、宅配便でユニクロから何か届きました。

unqlo1

すっかり忘れていたのですが、どうやらユニクロのヒートテック
インナー体感キャンペーンに当選したようです。

uniqlo2

ヒートテックプラスクルーネックT(九分袖)\1,500の白でした。

昔からシャツの中に何か着ないとすぐにお腹が冷えて、腹の調子
が悪くなってしまうので、普段から会社に着ていくワイシャツの下
にもTシャツを着ています。

素肌にシャツというのが、どうしても受け入れられない年代でも
有るのかもしれません。汗取り(今は聞かない言葉ですね)は
必須だと思うのですが皆さんは如何でしょう?

当選したTシャツを早速、月曜日会社に着て行き感想を後日アップ
しようと思います。今まで綿のTシャツばかりで、ハイテク素材?を
着るのは初めてなので今から楽しみです。
posted by 電算担当者 at 23:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

笑の大学

星護監督、役所広司、稲垣吾郎出演の昭和の初めを舞台にした
検閲官と脚本家の取調室での攻防を描いた喜劇。脚本と演出は
三谷幸喜。

この作品は他に同名のラジオドラマ・舞台版があり、舞台を見た
プロデューサーが三谷幸喜に映画化を申し入れたとの事です。

昭和初期の軍国主義の中の検閲についての話ではあるが、現代
の脚本にも有形無形の様々な圧力がある事を、暗に表している作
品となっています。

又個々人の思想が、組み入れられた枠組みや組織によって抑圧
されたり、歪められていく事も描かれています。

舞台版はもちろん未見ですが、主に役所広司と稲垣吾郎の掛け
合いがメインなので、映画で観るよりは舞台で見た方が面白いの
ではないかという気がしました。

加藤あいと木梨憲武がカメオ出演しています。3日目の街の中
に出てくるカフェの前で掃除している人と警官に謝っている人が
そうらしいのですが、残念ながら我が家のテレビでは確認でき
ませんでした。

観た日 2007/10/7 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
笑の大学
posted by 電算担当者 at 22:15| Comment(4) | TrackBack(1) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

かもめ食堂

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ出演のこの作品の為に書き
下ろした、群ようこの同名小説が原作です。監督は「バーバー吉
野」の荻上直子。

フィンランドを舞台に、小林聡美演じる女主人が経営するかもめ
食堂でのゆるーい日常を描いた作品です。まず有り得ない設定
を違和感なくみせるのは、監督の荻上直子と原作者の群ようこ
に共通した特徴かもしれません。それが出演者のゆるさとあいま
って本当にのんびりした気分にさせてくれる作品になっています。

とにかく小ネタで笑わせてくれます。それと出てくる食べ物がと
にかく美味しそう。私は観おわった後すぐにおにぎりを作って食
べてしまいました。この辺りはフードスタイリストの飯島奈美に
よる所も大きいかもしれません。

おすすめの作品です。

この監督の次回作の「めがね」も、もたいまさこと小林聡美が
出演、フードスタイリストも飯島奈美です。なので面白くて美味
しい作品になるのは間違いありません。今から楽しみです。

観た日 2007/9/15 場所 自宅 WOWOW(録画)

関連DVD(Amazon.co.jp
かもめ食堂
バーバー吉野

関連BOOK(Amazon.co.jp
かもめ食堂
posted by 電算担当者 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(2) | 活動写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする